カド番の正代、琴勝峰に完勝で3勝目「このまま連勝していけたら」

琴勝峰(手前)を押し出しで下す正代(カメラ・山崎 賢人)
琴勝峰(手前)を押し出しで下す正代(カメラ・山崎 賢人)

◆大相撲初場所4日目(13日、東京・両国国技館)

 カド番の大関・正代(29)=時津風=は、東前頭3枚目・琴勝峰(21)=佐渡ケ嶽=を押し出しで下し、3勝目(1敗)を挙げた。「初顔の相手だったので緊張はしましたけど、自分の形に持ち込めたのはよかったかなと思います。今日みたいな相撲を続けて、攻める相撲を取れたらなと思います」。まずはカド番脱出に向けて順調に白星を積み重ねている。

 踏み込んだ立ち合いで右をのぞかせると、前に前に圧力。一方的な内容で、最後は豪快に土俵下へと押し出した。「昨日の相撲は圧倒的に力負け、勢いで負けた。変に考えることなく、自分の立ち合いをすることを考えていました」。若手有望株を相手に完勝し、「このまま連勝して行けたらなと思います」と、うなずいた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請