美人プロ雀士・丸山奏子が新型コロナ感染…12日朝に軽い倦怠感と頭痛、喉の痛み

 麻雀「Mリーグ」の公式サイトは13日、赤坂ドリブンズ・丸山奏子(27)が新型コロナウイルスの検査で「陽性」と判明したと発表した。

 公式サイトによると、丸山は12日の朝に軽い倦怠感と頭痛、喉の痛みを訴えて、午後にPCR検査を実施。13日午前1時過ぎに「陽性」と判定された。現在は、保健所の指導に従って自宅療養中としている。

 また「当該選手は、1月12日(火)に行われたMリーグの試合会場には来ておらず、保健所からも濃厚接触者に該当する選手、Mリーグ関係者はいないことが確認されております」と説明した。

 Mリーグでは、「陽性および、陰性でも行政から自宅待機を命じられた者(濃厚接触者)は試合出場不可」「3名構成のチームにおいては1名、4名構成のチームにおいては2名の試合出場不可選手が出た場合は試合を中断し、一定期間延期する」とレギュレーションを定めている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請