宝富士、結びで貴景勝を撃破「うれしいです」

宝富士(左)に上手投げで敗れ4連敗する貴景勝
宝富士(左)に上手投げで敗れ4連敗する貴景勝

◆大相撲初場所4日目(13日、東京・両国国技館)

 三役返り咲きを目指す東前頭2枚目・宝富士(33)=伊勢ケ浜=は結びで大関・貴景勝(24)=常盤山=を上手投げで下し、2勝目(2敗)を挙げた。過去2勝7敗の相手を撃破し、「うれしいです。攻められたんですけど、辛抱して。それがよかったんじゃないですかね」と、うなずいた。

 立ち合いは圧力にやや押し込まれたが、耐えしのいだ。土俵際で左にいなして立て直すと、相手の右腕を手繰って左の上手を引いた。「(手繰りは)全然考えていなかった。手が伸びてあったので、とっさに体が動いた。体の動きも悪くない。調子はいい方じゃないですかね」と振り返った。

 一方の綱取りがかかる大関は自慢の圧力が影を潜め、初日から泥沼の4連敗。報道陣から「(貴景勝と)対戦して感じたこれまでとの違い」について問われた宝富士は、「立ち合いがいつもよりは(大関の)足が出てこなかったかなとは思いますが…。自分がそんな言う立場じゃないので、自分は精いっぱい取るだけ」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請