【ロッテ】ドラ3小川龍成は遊撃の定位置争うエチェバリアに刺激

新人合同自主トレに参加した小川(球団提供)
新人合同自主トレに参加した小川(球団提供)

 ロッテのドラフト3位・小川龍成内野手(22)=国学院大=が13日、ロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレに参加し、激化する遊撃のレギュラー争いに闘志を燃やした。

 大学3年時に大学日本代表に選出され、大学NO1遊撃手の呼び声が高い。「守備には自信を持っています」と言い切るが、新加入する前ブレーブスのエチェバリアや昨季、遊撃のレギュラーだった藤岡らライバルは手強い。

 すでにエチェバリアの映像はチェック済み。「うまさがあり、体、肩も強い。メジャーで活躍もしているし、すごいと思います」と評しながらも「燃えてきたというのもあります」と定位置奪取に向けて、高ぶる気持ちを隠さなかった。

 この日の体力測定では立ち幅跳び2メートル65、20メートル走2秒86など全4種目でトップとなり「負けず嫌いなので、新人の中で1位をとれてうれしいです。もっと上を目指していきたいです」と胸を張った。「負けたくない」と何度も口にして「目立ちたがり屋でもあります」という性格はプロ向き。同じ右投げ左打ちの遊撃手である西武・源田にあこがれているというルーキーは、先輩や助っ人に臆することなく、ポジションを奪いに行く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請