サッカー元日本代表FW中山雅史が磐田コーチに就任

昨年のJ3沼津の決起集会で笑顔を見せる中山雅史(左)。右は伊東輝悦
昨年のJ3沼津の決起集会で笑顔を見せる中山雅史(左)。右は伊東輝悦

 サッカーJ3アスルクラロ沼津とJ2ジュビロ磐田は13日、元日本代表FW中山雅史(53)が沼津を退団し、古巣の磐田でトップチームのコーチを務めると発表した。選手としての活動は一時休止する。

 中山は藤枝東高―筑波大を経てヤマハ発動機(のちの磐田)で活躍。98年に当時のギネス記録となる4試合連続ハットトリックを達成し、98年と00年の2回、リーグ得点王に輝くなど、J1磐田の黄金時代を築いた。ワールドカップにも98年、02年と2度出場。10年に札幌へ移籍し、12年末に引退したが、15年9月に当時JFLの沼津で復帰した。

 また、指導者の勉強も重ね、19年から沼津ユースのコーチも兼任。昨年3月にはS級ライセンスを取得した。中山は「J1昇格に向けて鈴木監督を全力でサポートしていきます」と、磐田を通じてコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請