ニッポン放送社長、太平洋横断再挑戦の辛坊治郎氏の番組は継続「お留守番として他の出演者で番組を守っていきたい」

昨年12月の会見で太平洋横断再挑戦への意気込みを語った辛坊治郎氏
昨年12月の会見で太平洋横断再挑戦への意気込みを語った辛坊治郎氏

 ニッポン放送の檜原麻希社長(59)の定例会見が13日、オンラインで行われた。

 同局で「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」(月~木曜・午後3時半)のパーソナリティーを務めているニュースキャスターの辛坊治郎氏(64)が今春、ヨットでの太平洋横断に再挑戦することについて、同社長は「辛坊さんを船の旅にお見送りするのは、今回が2回目になりますが、今回は成功されると思います」と、まず話した。

 「そこまで言うか!」について、辛坊氏は昨年末の会見で3月末までに降板することを同局に申し入れているとしたが、檜原社長は「3月末にいったん、お留守番という形になりますが、ニッポン放送としては、他の出演者で番組を守っていきたいと思っております」と番組は継続し、辛坊氏の復帰を待つ形であることを明らかにした。

 辛坊氏は2013年6月、全盲セーラーの岩本光弘さんと太平洋横断を目指し、福島県いわき市の小名浜港を出発も6日目に宮城・金華山の南東約1200キロで遭難。救命ボートで漂流中のところを海上自衛隊の救難飛行艇に救助された。

 今回の再挑戦にあたり、すでに読売テレビの情報番組「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・午前8時)、「そこまで言って委員会NP」(日曜・午後1時30分)を卒業することを発表している。今回の再挑戦は無償協力以外、費用は全額自己負担。4月半ばに大阪を出発し、2、3か月での横断達成を目指す。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請