【卓球全日本】13歳・松島輝空、逆転勝ちで8強 14日にジュニア男子最年少優勝記録へ挑む

ジュニア男子5回戦でポイントをとり、ガッツポーズする松島輝空
ジュニア男子5回戦でポイントをとり、ガッツポーズする松島輝空

◆卓球 全日本選手権 第3日(13日、丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア男子で前回準優勝の松島輝空(13)=木下グループ=が8強進出を決めた。5回戦で原田春輝(福岡・希望が丘高)を3―1で下した。

 原田とはこれまで「3回ぐらい」対戦し、一度も勝ったことがなかった。カットマンの主戦型とは試合をする機会も少なく「苦手意識はあります」と明かす。この日も第1ゲームを先取される苦しい展開だったが「このままじゃ勝てないと思って、打ちミスが多かったので、焦らずゆっくりいこうと切り替えました」。相手のカットを落ち着いてコースに打ち分け、逆転勝ちにつなげた。

 14日は準々決勝から決勝までが行われる。中1の松島が制すれば、張本智和が中2で打ち立てたジュニア男子の最年少優勝記録を塗り替える。ただ、準々決勝は篠塚大登(愛工大名電高)と対戦する。これまで3度ほど対戦し、未勝利の相手だ。「1球1球焦らず、自信を持ってプレーをしたい」と足元を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請