【西武】芝生からコンクリートへ “名物”外野席がリニューアル

メットライフドーム左翼席
メットライフドーム左翼席

 西武は13日、今年3月のグランドオープンに向けて改修工事が行われているメットライフの途中経過を配信した。

 メットライフの“名物”となっていた芝生の外野席。芝生が撤去され、初めて「座席」が敷き詰められる。現在は、コンクリートの段差が20段作られた。今後は、敷き詰められたコンクリートの上に座席が設置されていく。

 座席シートは濃さの異なる3色の緑で外野席にきれいなグラデーションが浮かび上がる。また、全座席にクッションが設置。座席は折りたためば、250ミリの超薄型で立ち上がっての応援がしやすくなり、さらに観戦環境が豊かになる。

 球団広報部員は「新しくできたすべての座席をファンの皆さまに埋め尽くしていただく光景はきっと、圧巻でしょう。この場所がファンの皆さんにとって“応援の聖地”と思っていただけるように一緒に育んでいければと思います」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請