マラソン日本記録保持者・大迫傑が「運動後のボディケアは大切大臣」就任!? 「体を整えて走って欲しい」

スポーツ報知
ランニングステーションのオープニングイベントに出席した大迫傑(左)

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=が13日、都内で行われたランニングステーション「Re.Ra.Ku PRO running 竹橋皇居前店」のオープニングイベントに出席した。自らが監修した「Suguru Osako ランニングボディケア」プログラムの実施店舗第1号店で、「施術してもらうことで、多くのランナーが体のバランスを整えて走って欲しいです」と笑顔で話した。

 自身のボディケアを参考に「一般の方にもっと健康に、ケガなく継続して練習して欲しいと思って考えさせていただきました」と40分コースと60分コースを用意。「食事、睡眠、トレーニング、ケアは同列に大事なもの。自分はこれまで当たり前のように思っていたが、一般の方にケアの重要性が広まっていないと感じた」という大迫は、「運動後のボディケアは大切大臣」として今後もアピールしていくという。

 五輪延期に続き、今年に入っても緊急事態宣言が発令されるなどコロナ禍で先が見えない状況が続く。大迫は「去年の緊急事態宣言が出たときと気持ち的には変わらない。走ることは1人でもできるし、つまり密を避けることも可能」と淡々。「あまり五輪に左右されず、できることをやっていこう、という感じですね」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請