【巨人】原監督が明かす桑田真澄コーチ招へいの裏側 山口オーナーとの会談で「非常に気になる後輩がいる」

投手チーフコーチ補佐就任が決まり、15年ぶりの巨人ユニホーム姿を披露した桑田真澄氏
投手チーフコーチ補佐就任が決まり、15年ぶりの巨人ユニホーム姿を披露した桑田真澄氏
巨人の今季コーチングスタッフ
巨人の今季コーチングスタッフ

 巨人・原辰徳監督(62)が12日、桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)のリモート就任会見に出席。招へいに動いた経緯を明かした。

 この瞬間を、待ち望んでいた。原監督は「新年早々『こいつぁ春から縁起がいい』と、非常にいいニュースを発信できることになりました」と笑顔で切り出した。「(創設から)90年近くジャイアンツは歩んでいる。いろんな先輩たちがつなげてきている。その一端を、桑田真澄にも役割として持たせたい思いが非常に強かった」と培った知識、豊富な経験をチームに還元する役割を期待した。

 昨年12月28日、原監督は山口オーナーと会談した際に『ジャイアンツOBで非常に気になる後輩がいる。ぜひジャイアンツのために、選手はもちろん、すべてにおいて戦力になってもらいたい人がいる』と胸の内を明かした。その人物こそ、桑田氏だった。オーナーの全面賛同を得て、年が明けた今月5日、本人と会い、熱意を伝えた。

 「水を得た魚の如(ごと)く、目を輝かせて、ぜひ野球界、ぜひ巨人の(ために)、と一寸の迷いもなく話を聞いてくれた」

 昨年12月に今季の組閣を発表しており、加入時期は異例といえる。原監督は山口オーナーに会う前に、宮本投手チーフコーチにだけ相談した。賛成を得たことで、桑田氏を招く決意は固まった。「迎え入れる側も、彼を誘うことができる環境が整った」のが、このタイミングだった。

 指揮官にとっても、志を一つにして現役時代を送った後輩の加入は心強い。プロとしては小柄で細身だった桑田氏の入団当時を「ユニホームを着てない姿を見た時に『何とも頼りない選手が入ってきたな』と。でも、ひとたびマウンドに上がって球を投げると、こんなに大きく見える投手はいなかった」と振り返る。「体全体、関節、指先まで、その使い方は見事。そういうところを今の選手に見習ってもらいたい」。好素材がそろう投手陣に、格好の手本となることを願った。(西村 茂展)

 ◆桑田 真澄(くわた・ますみ)

○生まれ  1968年4月1日 大阪府出身

○年齢   52歳

○球歴   PL学園高1年夏の甲子園に出場して優勝。2年春、夏は準優勝、3年春は4強、夏は優勝と5季連続出場を果たした。甲子園通算20勝3敗は48年学制改革後最多。85年ドラフト1位で巨人入り。95年に右肘のトミー・ジョン手術を受けるも復活。2006年限りで巨人を退団。07年にパイレーツでメジャーデビュー。08年3月に現役引退。日米通算173勝142敗14セーブ、[防]3.59。PL学園硬式野球部OB会長

○タイトル 最優秀防御率2度、MVP、最多奪三振、沢村賞を各1度受賞

○投打   右投右打

投手チーフコーチ補佐就任が決まり、15年ぶりの巨人ユニホーム姿を披露した桑田真澄氏
巨人の今季コーチングスタッフ
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請