アポロウキで釣りの可能性広がる…90メートル遠投、堤防からマダイ狙える

アポロ遠投サビキセットのアポロウキ(左)とコマセカゴを持つ阿部ゆみ子社長
アポロ遠投サビキセットのアポロウキ(左)とコマセカゴを持つ阿部ゆみ子社長

 人気釣り具の開発秘話や今後を探る「釣り具探訪」。今回はコマセカゴとオモリが一体になっているビシや天ビンなど海釣り用品で有名なサニー商事の後編。3月発売予定の「アポロ遠投サビキセット」と人気商品「ジェルクッション」を進化させた「フィッシングジェルシートミニ」を紹介する。

 3月発売予定の「アポロ遠投サビキセット」は、これまでコマセカゴや天ビンが主力だったサニー商事にとって新たな挑戦となる商品だ。セットの中身はアポロウキ、サビキ仕掛け、ウキ止めやオモリなどの小物類など。遠投サビキ釣りで使う道具が全部入っている。その中でも注目はアポロウキだ。名前から想像できる通りロケット形をしている。「ウチが初めて作ったウキです。未知の領域に入った感じですね」と同社の阿部俊明さん。

 サビキ仕掛けを遠投できれば、堤防から大型のアジやイサキのほか、マダイやイナダなどの青物まで狙えるようになる。遠投する際、ウキが大事な役目を果たしている。単なる棒状のウキでは遠くへ投げようとすると、空中で回転してしまい、これがブレーキになって思うように遠投できなかった。しかし、このアポロウキは、大きな尾翼の働きで飛行姿勢が安定して、真っすぐ飛んでいく。

 「実はこのウキは(パソコンの)計算だけで作り上げました。実際、試作品でテストしてみると、想像以上に飛んでいったのでビックリしました」と阿部さん。慣れた釣り人なら、50~90メートル投げられる。今まで届かなかったポイントを狙えるのだ。

  • セットには、アポロウキのほかサビキ仕掛けやコマセカゴなど道具は全部入っている
  • セットには、アポロウキのほかサビキ仕掛けやコマセカゴなど道具は全部入っている

 飛距離が伸びる秘密がもう一つある。この仕掛けではウキの下にコマセカゴを付け、その下にサビキ仕掛けをセットする。「コマセカゴに5号のオモリが入っています。さらにコマセを入れることで重量が増すので、遠心力でより遠くへ飛んでいくんです。コマセカゴが推進力を生み、ロケットのブースターの役目を担っています」と阿部さんは明かした。

 この商品を使えば、堤防からだけではなく、砂浜からの投げ釣りもできる。釣りの可能性がさらに広がる。今から発売が楽しみだ。

(高田 典孝)

  • タックルバッグに入れられるようになったフィッシングジェルシートミニ
  • タックルバッグに入れられるようになったフィッシングジェルシートミニ

 ◆ジェルシート性能進化

 同社のヒット商品になった「ジェルクッション」。船釣りなどの時にお尻の下に敷くだけ。蜂の巣状のハニカム構造で座り心地がいい。そして穴が多数開いているので、通気性も抜群。重みがあり、多少の風でも飛ばされない。水に濡(ぬ)れてもOK。釣りをはじめアウトドアのレジャーで便利とあって多くの人が使っていた。「もともと、テレビ番組で紹介されたアメリカの商品にヒントを得て作ってみました」と阿部さんは言う。

 そして、昨年10月に発売された「フィッシングジェルシートミニ」はさらに進化を遂げた。見た目で変わった点は大きさだ。横34センチ、縦24センチ、厚さ3・5センチとコンパクトにしてタックルバッグに入るようになった。性能も進化している。紫外線や水に弱かった初代に比べ、新製品はUV加工と耐加水分解加工を施した。「ジェルクッションは、日が当たり続けると劣化してしまいます。また、水に濡れてそのまま放置しておくと、べたつくことがありました。今回はその点を改善しました」と阿部さんは胸を張る。

 さらに座り心地も良くなっている。これまでのハニカム構造に正方形を加えた独自の形状を生み出した。「ハニカム構造は強度はあるが、横揺れには弱かったんです。そこで新たに正方形を加え、お尻との接地点を増やしました」。これにより船の揺れにも強く、座っていてより楽になった。船釣りでは手放せない一品になりそうだ。

アポロ遠投サビキセットのアポロウキ(左)とコマセカゴを持つ阿部ゆみ子社長
セットには、アポロウキのほかサビキ仕掛けやコマセカゴなど道具は全部入っている
タックルバッグに入れられるようになったフィッシングジェルシートミニ
すべての写真を見る 3枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請