元巨人の三菱重工West・小田幸平ヘッドコーチが初指導「ユーモアのあるチームに」

初練習であいさつする三菱重工Westの小田幸平ヘッドコーチ
初練習であいさつする三菱重工Westの小田幸平ヘッドコーチ

 三菱重工内の4チーム(三菱パワー、三菱重工名古屋、三菱重工神戸・高砂、三菱重工広島)を東西2チームに再編し、神戸市を拠点に今月発足した三菱重工Westが12日、兵庫・明石市内で初練習を行った。新しく就任した元巨人、中日捕手でOBの小田幸平氏(43)が初指導した。

 四国IL愛媛のコーチなどを経て、23年ぶりに復帰した小田ヘッドコーチは「三菱の鉛筆を使っているから(古巣に)違和感はない。いつまでもスリーダイヤを愛している」と“らしさ”全開の軽妙なトークを披露。「すごく新鮮。恩返ししたいのが一番。楽しく、ユーモアのあるチームにしたい。その中でも、厳しい、強いチームをつくりたい。夢はWestとEastが都市対抗や日本選手権の決勝で当たったら、三菱に来た意味があると思う」と、所信表明した。

 チームでは、最速149キロ左腕の森翔平と同151キロ右腕の八木彬(ともに23)が今秋のドラフト候補に挙がっている。「森にはめちゃくちゃ期待している。僕は一生、縁の下の力持ち。“2番手捕手”なので、森を下から上げたい」と、プロ入りをアシストすることを誓った。

 小田ヘッドコーチは、横浜市を拠点にする三菱重工Eastも不定期で指導する可能性がある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請