内村航平、コロナ禍の業績悪化でリンガーハットとの所属契約終了「本当に感謝しています」

内村航平
内村航平

 体操男子で鉄棒に専念し、東京五輪出場を目指す内村航平(32)と、リンガーハットとの所属契約が終了したことが12日、明らかとなった。同社が発表した。

 同社はホームページにて「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、2020年12月31日をもって継続を断念したことをお知らせいたします」と説明。内村と同社は、2017年3月1日に所属契約を締結した。

 また内村自身もSNSを更新し、「リンガーハットさんには、プロ転向から今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。現在コロナの状況はとても厳しいですが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張ってまいります。これから新しい環境でのスタートとなりますが、引き続きみなさん応援いただければうれしいです」とつづった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請