馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京 小倉

【愛知杯展望】前走の中日新聞杯で2着好走のシゲルピンクダイヤが有力

愛知杯に出走予定のシゲルピンクダイヤ(カメラ・高橋 由二)
愛知杯に出走予定のシゲルピンクダイヤ(カメラ・高橋 由二)

 第58回愛知杯・G3が1月16日、中京競馬場の芝2000メートルの舞台で行われる。

 前走の中日新聞杯で2着好走のシゲルピンクダイヤ(牝5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)が有力。桜花賞2着、秋華賞3着の力量馬が最適舞台で悲願の重賞初Vに王手をかけている。

 秋華賞2着のマジックキャッスル(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)は、東京のクイーンC2着、オークス5着と左回りの走りがいいだけに勝機も十分。

 昨年5着のセンテリュオ(牝6歳、栗東・高野友和厩舎)は、オールカマーを勝ち、エリザベス杯5着と、実力を強化しての参戦。ルメール騎手とのコンビで前進。

 新潟牝馬Sを勝ったウラヌスチャーム(牝6歳、美浦・斎藤誠厩舎)、リステッド・カシオペアSでボッケリーニ、ヴァンケドミンゴを完封したランブリングアレー(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)、19年の中日新聞杯覇者のサトノガーネット(牝6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、同じ舞台のローズSで2着好走のムジカ(牝4歳、栗東・鈴木孝志厩舎)もエントリー。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請