【社会人野球】三菱重工4チームを再編した三菱重工Eastが始動 1年目の目標は「都市対抗と日本選手権制覇」

4チームを再編してスタートした三菱重工Eastの(左から)安田、佐伯監督、江越海
4チームを再編してスタートした三菱重工Eastの(左から)安田、佐伯監督、江越海

 三菱重工内の4チーム(三菱パワー、三菱重工名古屋、三菱重工神戸・高砂、三菱重工広島)を再編し、横浜市を拠点に今年1月に発足した三菱重工Eastが11日、横浜市内の三菱重工金沢総合グラウンドで初練習を行った。

 今回の再編は、各事業所ごとに抱えていた野球チームを三菱重工本社の傘下に置き、2か所に集約することでチーム力を強化することが目的。Eastは三菱パワーから残留した19人をベースに、名古屋からの移籍組4人、広島からの移籍組8人、新人5人の計36人でスタート。初代監督には、名古屋を18年に日本選手権優勝に導いた佐伯功氏(45)が選ばれた。

 佐伯氏は「大きな期待を背負ってのスタートで、注目度も高いと思う。プレー以外の取り組む姿勢や立ち居振る舞いなども含めて、周りにああいうチームになりたいと思われるようなチームを作っていきたい。目標は都市対抗と日本選手権の優勝。1年目からしっかり勝負をして、会社が求める野球部の役割に対して、しっかり結果を出して行きたい」と抱負を語った。

 神戸市を拠点とする三菱重工Westは12日に始動する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請