【阪神】高橋遥人「チェン・ツーシーム」の習得で“マルカジ斬り”へ

鳴尾浜での自主トレをこなす高橋遥(代表撮影)
鳴尾浜での自主トレをこなす高橋遥(代表撮影)
練習前、高橋遥(右)は藤浪と肘タッチを交わした(代表撮影)
練習前、高橋遥(右)は藤浪と肘タッチを交わした(代表撮影)
阪神・高橋の苦手とする左打者と昨季成績
阪神・高橋の苦手とする左打者と昨季成績

「細かく動く」 阪神の高橋遥人投手(25)が10日、巨人・菅野に投げ勝つために「チェン・ツーシーム」の習得に乗り出すことを明かした。兵庫・鳴尾浜で自主トレ後、代表取材に対応。苦手の左打者対策として、新加入したチェン・ウェイン投手(35)=前ロッテ=が得意とするツーシームを学ぶことに意欲を見せた。

 昨季は3度の投げ合いで1勝2敗と負け越した巨人のエースの残留が決定した。今季も直接対決で期待される左腕は「(意識するには)まだそのレベルに達していない。僕はただ挑むだけ。少しでも互角に投げ合えるピッチングができれば」と表情を引き締めた。大きな壁を乗り越えるための課題も自覚している。

 昨季は右打者の被打率1割9分4厘に比べ、左打者は2割9分9厘と苦戦した。巨人の打者でも丸に3割3分3厘、DeNAから新加入する梶谷にも4割2分9厘と打ち込まれた。明確な差に「左打者に食い込むボールがあれば変わるのかなと思う」と分析。菅野との激突で必要不可欠な“マルカジ斬り”へ、新しい武器の必要性を痛感している。

 最高のお手本がチームに加わった。静岡県出身の高橋は小学生の頃から、中日時代のチェンに憧れていた。日米通算95勝の左腕を見習いたいところは「全部」と即答。特に「ツーシームがいいと聞いた。僕は下に落ちる感じで、チェンさんのは細かく動くみたいなので」と目を輝かせた。

 昨季は左肩コンデション不良で出遅れて5勝止まり。左のエース候補として期待されながら、入団以来シーズンを通して活躍したことがない。「もう4年目。(今まで)甘えてしまっている感じになっている。今年はしっかり仕事をしたい」。左封じの新たな武器を習得し、今年こそローテを守り抜く。(森脇 瑠香)

鳴尾浜での自主トレをこなす高橋遥(代表撮影)
練習前、高橋遥(右)は藤浪と肘タッチを交わした(代表撮影)
阪神・高橋の苦手とする左打者と昨季成績
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請