【オリックス】ドラ1山下舜平大、力半分キャッチボールにドラ4中川が「怖い」

キャッチボールをするドラフト1位の山下舜平大
キャッチボールをするドラフト1位の山下舜平大

 オリックスのドラフト1位・山下舜平大投手(18)=福岡大大濠高=が9日、大阪・舞洲での新人合同自主トレ初日に“衝撃デモ”を披露した。「半分くらいの力」の肩慣らし程度の球で、同4位・中川颯=立大=に「怖かった」と悲鳴を上げさせた。

 早くも大器の片りんをのぞかせた。約50メートル間隔でのキャッチボール。球を受けた大卒の同僚が驚きの表情で「重い。大学生や社会人に近い球の印象。伸びとかキレもあるけど、ズシンとくるような。今も親指が痛い」と振り返った。視察した中嶋監督も「(素材は)間違いない。あれで半分やったら300キロくらい出るやん」と“金の卵”の雄姿に冗舌だった。

 本人は「今日のテーマは体を慣らす程度でした」と涼しい表情だ。年末年始も完全休養はせず、体を動かしており、順調なら20日にも初ブルペン入りする予定。日本最速165キロ&沢村賞獲得の大きな夢へ、一歩一歩進む。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請