新庄剛志氏、左手にしびれで脳検査受診も「異常なかった。噂では50肩」

新庄剛志氏
新庄剛志氏

 日本ハムや大リーグ・メッツで活躍した新庄剛志氏(48)が9日、自身のインスタグラムを更新。左手に痺(しび)れを感じ、脳の検査を受けたことを明かした。

 この日、「最近左手が痺れ始めたから、脳の検査に行った結果異常なかった。噂では50肩」と自身のMRI検査の画像も貼り付けて、つづった新庄氏。「最近のMRIってたったの20分ですぐ終わるから、皆んなも時間を作って検査いきなさ~い」と呼びかけていた。

 新庄氏はNPB復帰を目指し、昨年12月に行われたプロ野球12球団トライアウトに参加。最終4打席目には左前適時打を放ったが、自身が設定した期限の同月13日までに獲得オファーはなく、NPB復帰を断念することを明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請