馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

見逃せません!(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は中京競馬場からのパッチパチ。雪こそないですが、非常に冷たい風が吹き付ける中、早速いってみましょうか♪

 さて、昨日のこと。以前、何度か遊びに行っている熊本の友人から突然、電話がかかってきました。どうやらLINEの調子が悪いようで、直接、電話で新年のご挨拶ということ。関西で知り合ってから、もう四半世紀近い付き合いになるというから長いもの。そうそう、実は彼女は20代で早々と実家の熊本に戻ってしまい、もう20年ほど経っているんですよね。こういう形で交流が続いているというのも珍しい。数年に一度しか会えないんですが、ホント、丁寧に連絡を頂いております。

 つい最近生まれたような印象の娘さんはもう高校2年生、17歳になったといいます。県外の私立高校に通っているらしいんですけど、コロナ禍のため、まだ学校に戻れていない日々が続いているとのこと。昨春も実家に戻ってのリモート授業だった、とか。そりゃ、寮生活もなかなか難しい面があるんでしょうね。まぁ、娘さんと一緒に過ごせる時間が増えるなど、前向きにとらえられる面もありますが、「来年は受験もあるからねぇ」なんて会話に「互いに年を取ったなぁ」と思ったりする。まぁ、今回はこの状況の中、元気な声を聞けましたから、本当にありがたいモノです。

 ということで、そろそろ本題へ。さて、明日の中京はメインでシンザン記念が行われます。年始の重賞ではありますが、近年の勝ち馬にはアーモンドアイ、ジェンティルドンナの3冠馬2頭を始め、ミッキーアイルなどのG1ホースも名を連ねていますから、スターホースの登竜門…、いやいや、ダイヤの原石を探すといった感じのレースですかね。今年も、いや特に今年は個人的に注目していた馬が結構、集結しているレースになっています。

 その個人的に楽しみにしている馬というのが、紙面上では今年の桜花賞候補に指名した関東馬の【ククナ(牝、父ディープインパクト)】であり、ネットでの今年の注目馬として取り上げた音無厩舎の【ピクシーナイト(牡、父モーリス)】であったりする。ところが、紙面を見た方は「本命ちゃうんかい!」と突っ込まれる方が多いでしょう。これは当ブログの開設以来なんですけど、将来性や素質の評価する視点と配当妙味なども含んだ予想はあくまで別物、と考えていただければ、と思います。それが一緒になってしまうと、ワタクシはガッチガチの本命記者になってしまいますので、その点はご了承を…。

 ピクシーナイトに関しては、仕上がりよさそうですよ。前走の秋明菊賞は致命的な出遅れで3着に敗れましたが、「ゲートは練習を行っているし、心配していない」と音無調教師は力強いんです。そして、「能力は高いぞ」と続けます。ただ、今回のポイントは距離という見立て。「母系の血統は短いところだし、前向きな馬でもあるからね」と口にしていました。逆に言うと、気にしているのはその点だけなんですけどね。今回は色々な意味で試金石の一戦と言えそうな雰囲気です。

 須貝厩舎の【レゾンドゥスリール(牡、父ハーツクライ)】は新馬を快勝後、すぐにここを目標に定めていました。当初から「この馬はマイルが一番よさそう」と須貝調教師が期待していた馬ですし、牡馬と牝馬のクラシック路線にはステラヴェローチェ、ソダシが控えていますから。マイル路線でも主役候補を送り出し、超豪華な「3本の矢」となるか、ですね。ちなみに担当が同じくハーツクライを父に持っていたジャスタウェイと同じ榎本助手という点も心強い材料ですよね。

 あとは矢作厩舎の【バスラットレオン(牡、父キズナ)】かな。こちらは朝日杯FSで先行策から惜しい4着でした(本命でしたので力が入りました!)。重賞で好走を続けていますが、実はまだ賞金400万、1勝クラスだったりします。矢作調教師も坂井Jも「賞金加算したい」とミッションもはっきりしている一戦。中間の調整も順調なようですし、あとひと押しを期待です。あと、矢作厩舎では来週の中京芝マイルで【グルーヴビート(牡、父ディープブリランテ)】が復帰。さらに、全姉にリスグラシューを持つ【クローヴィス(牡、父ハーツクライ)】も栗東に戻ってきましたね。

 他にも実績ある左回りに戻った藤原英厩舎の【ロードマックス(牡、父ディープインパクト)】に、早くからここ目標だった橋口厩舎の【カスティーリャ(牡、父モーリス)】など本当に気になる馬が多い一戦ですよね。これだけ、関西馬にたっぷり触れておいて、ククナにアッサリ勝たれてしまったらどうしよう…。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中京3R・7チカリヨン(常にソフトに仕上げているが、攻め馬の動きが非常にいい馬。ダート替わりのここが買い時)

 続いては「馬券王への道 延長戦」でございます。

中京5R・2マリーナ(今週の水曜に矢作調教師が「動いたな」と少し驚いていた馬。状態のよさに加え、今まで強い相手にもまれてきた経験値を考慮)

中京9R・ヒルノダカール(本質的に叩き良化型。前走でも内容は悪くなかった)

中山10R・9ジュランビル(前走で距離適性は感じた。時計かかる馬場も合う)

 今日はここまで、また来週、いやいや、今週はまた明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請