【ロッテ】荻野貴司が自主トレ公開「競争が激しいのはチームにとっていい悩み」

ZOZOマリンで自主トレを公開したロッテ・荻野貴司外野手
ZOZOマリンで自主トレを公開したロッテ・荻野貴司外野手

 ロッテの荻野貴司外野手(35)が9日、ZOZOマリンで自主トレを公開し、キャッチボールや、ノック、打撃練習などで汗を流した。

 年末年始はしっかりと体を休め、5日から始動。2月から石垣島で始まる春季キャンプへ向け「まずはしっかり100%で走れる体を作ること。ケアしながら疲労をためないようにしていきたい」と意気込んだ。

 昨季は右太ももの肉離れや10月には新型コロナウイルスにも感染し、出場は53試合にとどまり打率2割9部1厘、19盗塁だった。さらに若手の藤原や和田も成長を見せ、チームの外野手争いが激しくなっていることについては「競争が激しいのはチームにとっていい悩みだと思う。相乗効果でチーム全体の戦力を上げて行けたら」と話した。

 また保有していた国内FA権を行使せず今季から2年契約を結んだ荻野。「毎年優勝したいとは思っている。今年でプロ12年目になるけどまだリーグ優勝できていないので、優勝したい思いは強い」とチームの先頭に立ち、けん引していく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請