【DeNA】ドラ2・牧秀悟が巨人残留の菅野智之撃ちに意欲「1球の甘い球をアジャスト出来るようにしたい」

室内練習場で行われた新人合同自主トレでティー打撃をするDeNAドラフト2位・牧秀悟内野手
室内練習場で行われた新人合同自主トレでティー打撃をするDeNAドラフト2位・牧秀悟内野手

 DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が9日、神奈川・横須賀市の2軍施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」で行われた新人合同自主トレに参加し、ティー打撃やランニングなどで汗を流した。前日の8日に始まった新人合同自主トレは2日目となり、「完ぺきではないけど、いい感じにはなっていると思う」とうなずいた。

 8日にはポスティングでメジャー移籍を視野に入れていた巨人・菅野智之投手(31)の残留が決定。「開幕1軍」を目標に掲げる牧は、実現させれば、開幕3連戦は巨人戦(東京D)が組まれており、いきなり対戦する可能性もある。昨季MVPのリーグNO1投手だが「自分のスイングが出来ればと思う。甘い球を1球で捉えるのが自分の持ち味。1球の甘い球をアジャスト出来るようにしたい。(菅野との対戦を)経験できるのはありがたい。1打席でも多く打てるように前向きに思っています」と心を躍らせていた。

 ◆牧 秀悟(まき・しゅうご)1998年4月21日、長野・中野市生まれ。22歳。中野小1年からキングアニマルズで野球を始め、南宮中時代は若穂リトルシニアでプレーし全国大会にも出場。松本第一高では3年春に県大会優勝も甲子園出場はなし。中大では通算5本塁打82安打、ベストナイン4度(遊撃1度、二塁3度)。大学ジャパンの4番も務め、昨年8月のプロアマ交流戦・巨人戦で桜井から本塁打を放った。178センチ、93キロ。右投右打。背番号「2」。契約金7700万円、年俸1300万円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請