松山英樹は75で最下位42位に後退 週末で巻き返しへ セントリーC

松山英樹(ロイター)
松山英樹(ロイター)

◆米男子プロゴルフツアー セントリー・チャンピオンズ第2日(8日、米ハワイ州カパルア・プランテーションC=7550ヤード、パー73)

 8打差37位から出た松山英樹(28)=LEXUS=は1バーディー、3ボギーの75とスコアを落とし、通算2オーバーで最下位の42位に後退した。1番でボギーが先行し、5番パー5でこの日唯一のバーディーを奪ったが、後半の11番、18番でボギーとした。

 67で回り通算14アンダーに伸ばしたハリス・イングリッシュ(米国)が単独トップ。2打差の12アンダーに、前回覇者のジャスティン・トーマス(米国)ら4人が続く。今大会は昨年のツアー優勝者や昨季ポイント上位選手が予選落ちなしで争う。松山は残り2日間で巻き返しを図る。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請