【中山3R・3歳新馬】ゲンパチフォルツァが正攻法で完勝 武藤雅騎手「この先が楽しみ」

スポーツ報知
3歳新馬を制したゲンパチフォルツァ(カメラ・相川 和寛)

 1月9日の中山3R・3歳新馬戦(ダート1200メートル、16頭立て)は、2番人気のゲンパチフォルツァ(牡、美浦・堀井雅広厩舎、ヘニーヒューズ産駒)が、直線で抜け出してデビュー戦を白星で飾った。勝ち時計は1分13秒2。

 ポンと好スタートを決めて、道中は逃げ馬を見る形で好位3番手で運んだ。4コーナーで前の2頭に並びかけると、楽な手応えで抜け出して、最後は差し込んできたリワードマレンゴを振り切っての完勝だった。

 武藤雅騎手は「すごいセンスのいい馬で、楽に競馬ができました。最後も余力があったし、この先が楽しみです」と、素質を評価した。堀井調教師は「危なげなかったね。初戦からセンス良く走ってくれた。距離は1600メートルくらいまでもつんじゃないかな」と、好内容にうなずいた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×