【巨人】菅野智之、残留で単年契約希望へ…メジャー「今ではないと判断」

スポーツ報知
今季も巨人でプレーすることを決意した菅野

 ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた巨人の菅野智之投手(31)が、今季も残留することが8日、決まった。昨年12月8日にポスティング申請。メジャー球団との交渉期限は米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)で、複数球団と交渉を重ねたが合意には達しなかった。菅野は、巨人が用意していた4年総額30億円超えでオプトアウト(契約見直し)条項込みの契約ではなく、単年契約を希望し今季の日本一へ全集中する。

 締め切りギリギリまで菅野は熟考した。一時期、争奪戦から撤退したとされたパドレスが土壇場でアタックをかけてきたが、残り1時間を切っても表立った動きはなかった。期限の日本時間8日午前7時を迎え残留が決定。その後、スポーツ報知の取材に応じ思いを明かした。

 「交渉していただいたMLB球団はじめ、サポートしていただいた全ての方に深く感謝申し上げます。交渉を重ねていった結果、挑戦するタイミングは今ではないと判断しました」

 巨人は残留に備えて4年総額30億円超えの複数年契約に、毎オフメジャー挑戦が可能な条項を加えて準備していた。菅野は感謝しつつ、単年契約を希望する意向であることが分かった。毎年、1年勝負の覚悟でやってきた。今季中に海外FA権取得見込みだが、これまで同様、オフのメジャー挑戦ありきで戦うことはしない。シーズン中は目の前の戦いだけに集中する。

 「1年の浪人生活を経て入団した経緯や私の夢を後押ししていただいた、読売巨人軍には感謝の気持ちでいっぱいです。今年は全力で原監督、チームメートと共に日本一奪還を目指します。その先にまだ自分に(メジャー挑戦の)チャンスがあるのであれば考えていこうと思っています」

 昨年12月8日にポスティング申請。ブルージェイズ、パドレス、ジャイアンツ、メッツ、レッドソックスなどが興味を示していた。1日に渡米してジョエル・ウルフ代理人と合流。現地での交渉は難しい状況だった。

 メジャーは昨季、コロナ禍で1球団平均1億ドル(約103億円)の減収。今オフは例年以上にフリーエージェント(FA)移籍市場が遅い。田中将大投手やトレバー・バウアー投手ら大物選手が未契約。FA上位の市場が動かない中、ポスティングで交渉期間が1か月限定、巨人への譲渡金も必要な菅野を獲得したくても、積極的に手を挙げにくい各球団の事情もあった。名門のヤンキースやドジャースは争奪戦に参加しなかった。

 巨人で伯父の原監督と野球をする夢を努力してかなえ、プロ入り後に本格的に抱いた大リーグへの夢にも挑戦した。1か月、環境面も含めてさまざまなことを悩んで残留を決断。「この期間で経験したことは今後の人生においてかけがえのない財産になったと確信しています」と受け止めた。

 単年契約を希望する意向の今季は、佐々木主浩(横)と自身の推定6億5000万円と、球界最高年俸更新の可能性もある。「皆さんの期待に応えられるように精いっぱい頑張ります」と誓った菅野。2021年、巨人を日本一に導くことに気持ちを切り替えている。(片岡 優帆)

 ◆今季のメジャー 日本時間2月27日にオープン戦開始、同4月2日に全30球団、一斉にレギュラーシーズン開幕と発表されている。ただし、昨年12月のUSAトゥデー紙が、米大リーグ機構やオーナーは、選手らがキャンプ前までに新型コロナウイルスのワクチンを接種できるようにするためにも開幕を5月まで延期、通常の162試合ではなく、140試合以下になっても許容するとの記事を掲載。1日の感染者が20万人を超えるなど、感染拡大の歯止めがかかっていないだけに、その可能性は高いとされている。

 ◆菅野 智之(すがの・ともゆき)1989年10月11日、神奈川・相模原市生まれ。31歳。東海大相模高、東海大から2011年ドラフトで1位指名された日本ハムに入団せず、12年ドラフト1位で巨人に入団。昨年はプロ野球新記録の開幕投手から13連勝。最優秀防御率4度、最多勝3度、最多奪三振2度、最高勝率1度のタイトルを獲得。14年、20年にMVP。17年から2年連続沢村賞。ベストナイン4度、ゴールデン・グラブ賞4度受賞。17年WBC日本代表。186センチ、92キロ。右投右打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請