プロボクシング興行は原則中止を推奨 有観客での実施なら20時までに終了義務づける JBC&JPBA連絡協議会

JBC、JPBAの新型コロナウイルス対策連絡協議会後、リモート会見に応じるJPBAの新田渉世事務局長
JBC、JPBAの新型コロナウイルス対策連絡協議会後、リモート会見に応じるJPBAの新田渉世事務局長

 プロボクシング統括団体の日本ボクシングコミッション(JBC)とジム会長らで組織される日本プロボクシング協会(JPBA)は8日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、政府が1都3県で緊急事態宣言を発したことを受け、原則として1都3県の興行中止を推奨することを決めた。

 ただし、前回の緊急事態宣言とは違い、イベントそのものの自粛要請は出ていないため、興行主が実施を希望する場合は医療機関を確保したうえで原則として無観客試合で、客入れ興行を行う場合は、すべての試合を20時までに終了しなければならないことを義務づけた。

 JBCの安河内剛本部事務局長によると、協議会では興行そのものをどうしていくか、様々な意見が寄せられたという。「コンタクトスポーツであり、危険性もあるなど競技の特性を考えると医療機関の協力は不可欠。もし、医療機関に負担をかけるなら、興行はやめるべきという意見もあった。興行を行うためには厳しい条件を課したが、ボクシング業界の人たちの意識の高さを感じた」と同事務局長。各プロモーターはICUや救急車を確保しなければならず、もしその体制が準備できなれば、試合当日でも中止となるリスク

も理解したうえで興行に携わるという。

 また、出場選手が望まない場合は試合出場をキャンセルすることができるとした。

 今年は14日の東京・後楽園ホールでの興行が最初で、当日はWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)の弟で前WBC世界同級暫定王者・拓真(25)=ともに大橋=が東洋太平洋同級王者・栗原慶太(27)=一力=に挑戦する、注目の一戦が行われる。井上拓は一昨年11月のWBC王者ウバーリ(フランス)戦以来の試合となる。主催の大橋ジムは8日、「緊急事態宣言に伴い、チケットの一般販売、当日販売は中止となりました」と発表。20時までに終了しなければならないことから、試合開始時間は17時45分に変更された。

 また、ジムの運営も20時までを一つの指針とした。JPBAの新田渉世事務局長は「各自治体の要請に基づいて運営してほしい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請