馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

2月が大事(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は在宅でのパッチパチ。外は非常に寒そうですが、自宅の暖房で暖まりながら、パッチパチといきますか。

 まずはお知らせです。明日からの3日間開催が終了後、来週は木曜までお休みをいただきたいと思います。再開は週末の金曜日になる予定。その間は美浦の坂本クンが奮闘してくれるはず、と信じておきましょう。

 さて、年末年始は実家に帰れませんでしたが、たまには大分県にいるオカンと話はしたりする。今年で73歳になるかと思われますが、声の感じを聞いている限り、何とかやっているようです。その中で驚いたのが近日中にスマホへ切り替えるという話。まぁ、今さら何を言うとんねんと言われそうですが、超アナログで携帯導入も非常に遅かったオカンがスマホを持つ姿は想像できないんですよ。一応、リモートなのか知りませんが、講習なるものを受けているようですが…。

 とはいえ、ワタクシも同年代の中でスマホへの切り替えが遅かった、いや、ガラケーにこだわりまくったことは当ブログの読者の皆さんならご存じの通り(あれは2年前の秋でした)。そんな自分がオカンに「LINE便利やで」なんて、どの口がそんなことを言っているのやらと思ったりもするんですけどね。まぁ、早く切り替え、使えるようになってほしいもの。ただ、ここって今のガラケーでは見られないらしく、「これで、ブログ見られるわ」と言っている点は妙に気がかりですが…。

 ということで、身内話も終わったところで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。POG的に、明日は注目馬少ない方ですかね。中京6Rの新馬では、かなり前の段階から音無調教師の評価が高かった【デルマセイシ(牝、父エイシンフラッシュ、母クラウンプリンセス)】が登場します。「先週も2週前も軽めにして、今週はやったけど、やっぱり動くね。走る馬と併せて、いい動きだった」と音無調教師が言えば、生野助手も「(完成度は)まだまだですけど、動きがいいですし、能力は高そう。軽さもスピードもあると思います」と力強い。母系も伯父にリーチザクラウンなどがいる速力豊富な一族ですし、まずはマイルという舞台でどんな走りをするかですね。

 音無厩舎といえば、5Rの未勝利で【サトノマジェスタ(牡、父ハーツクライ)】が2戦目を迎えます。デビュー前は仕上がり途上かと思っていましたが、実戦にいくと最後にひと脚を使っての3着とまずまずの内容でした。「思ったより、実戦で格好をつけてくれましたよね。動きが素軽くなっています。まだ切れる脚というより、ジワッと脚を使いそうな感じなので、中京で良さが出れば」と生野助手。前進必至となれば、今回は好戦を期待したいところです。

 さて、昨年29日付けの紙面で報知2歳番付&坂本記者との対談を行いましたが、ちょっと補足というか、個人的な見解を書きたいと思います。今日は牡馬について、です。

 今年は朝日杯FSを勝った中内田厩舎の【グレナディアガーズ(牡、父Frankel)】が早々とマイル路線を表明。となると、クラシック路線は最優秀2歳牡馬にも選ばれた安田隆厩舎の【ダノンザキッド(牡、父ジャスタウェイ)】が中心になりそうです。実際、ホープフルS勝ち馬はサートゥルナーリア、コントレイルが前哨戦を使わずに連勝中。その2頭ほどではないですけど、まだ底を見せていない魅力も十分にありますからね。ただ、今年はまだ出てきそうな雰囲気もあるんですよねぇ。昨年のデアリングタクトじゃないけど、まだ1勝馬や未勝利の馬ぐらいでも、一気に軌道に乗って、ポンポンといっちゃうようなことが…。

 実績馬たちの対戦で今後、注目しているのが2レース。まずは共同通信杯ですね。こちらは藤原英厩舎でPOG的な注目を非常に集めている【シャフリヤール(牡、父ディープインパクト)】が参戦。いかにもディープ産駒というような、センスあふれる走りが光ります。ここに須貝厩舎の【ステラヴェローチェ(牡、父バゴ)】も参戦してくる。朝日杯FSでは初の敗戦となる2着でしたが、個人的には「負けて強し」と思える一戦。マイルからの距離延長に関しても、須貝調教師は全く心配していません。この2頭で新興勢力と実績馬の力関係を測りたいなという気持ちがあります。他にも関西馬では他に矢作厩舎の【カイザーノヴァ(牡、父モーリス)】、さらには関東の坂本記者がイチ押しの【エフフォーリア(牡、父エピファネイア)】も出走予定ですよね。

 もう1レースがきさらぎ賞。今年は中京芝2000メートルでの一戦となります。こちらは週中にも書いた友道厩舎の【ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト)】の参戦が決まりましたが、その他にも京都2歳Sで2着だった斉藤崇厩舎の【ラーゴム(牡、父オルフェーヴル)】や、エリカ賞勝ちの【アドマイヤハダル(牡、父ロードカナロア)】が参戦します。今年の3歳世代、大久保厩舎に個人的には注目していまして、まずはこのレースの前に行われる若駒Sに出走する【グロリアムンディ(牡、父キングカメハメハ)】がどんな走りをするかにも注目しているんです。

 では、ネット限定「厳選馬」ですが、あまり新馬を取り上げたくないんだけど、評価が常に高値安定だった中京6Rの10デルマセイシを。順当なデビューVに期待です。続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

中京5R・6アメイジングタイム(前走は直線で押し込められるなどロス大の競馬。上積みある2戦目で巻き返す)

中京10R・12マカオンブラン(松若Jとのコンビでは【2001】。ここは先手を奪えそうなメンバーで踏ん張り通す)

中山9R・7ショウリノカンパイ(ここ2走は痛恨の出遅れ。発馬五分で流れに乗れば力あり)

中山11R・4セラピア(力だけなら重賞級。出し切れるかだが、小回りで息が入れば折り合える)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請