森永卓郎氏、小池知事の出勤者7割削減案に疑問「東京の電車を全部止めるくらいの覚悟を持たないと…」

森永卓郎氏
森永卓郎氏

 8日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、菅義偉首相(72)が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に緊急事態宣言を発出したことを報じた。

 この日、会見した小池百合子都知事(68)が「テレワーク緊急強化月間」として時差出勤などと合わせ、出勤者7割減を目標とすると表明。推進企業への融資も口にした点について、リモート出演の経済アナリスト・森永卓郎氏(63)は「出勤者7割削減するという政府と東京都の目標に全面的に賛成なんですけれども、それがテレワークでできるのかが一番大きな問題で…。中長期的にはできると思うんですけど、緊急事態なんで、今すぐ減らさないと感染者数を抑えられないんですね」と疑問を呈した。

 その上で「私は極端に言えば、東京の電車を全部止めるってことをやれば、実際、出勤者は減ると思う。台風の時はやっているわけですよ。そのくらいの覚悟を持たないと」と提言。「私は今朝の東京の出勤者(の映像)を見て、まったく減ってないので、ショックだったんですけど…。これを続けていいのかと思いますね」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請