瀬戸大也が2月ジャパンオープンで復帰へ 400M個人メドレーなど3種目エントリー

瀬戸大也
瀬戸大也

 不倫問題で活動停止処分を受けていた競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(26)が、2月4日開幕のジャパンオープン(東京アクアティクスセンター)にエントリーしたことが8日、分かった。種目は200、400メートルの個人メドレーと、200メートルバタフライの3種目。所属については最終調整中という。昨年9月13日の埼玉屋外AG大会以来、約5か月ぶりの実戦復帰となる。

 瀬戸は昨年9月に不倫問題が報じられ、同10月には日本水連から年内の活動停止などの処分を下された。ANAとの所属契約も解除されていた。200、400メートル個人メドレーの代表権は維持されたが、実戦からは遠ざかり、複数の練習場所を使ってトレーニングを積んでいた。関係者は「今は戦える体を作っているところです」と説明した。

 ジャパンオープンは4月の五輪代表選考会(日本選手権)を占う重要な試金石となる大会。最初の種目は初日(4日)の400メートル個人メドレーになる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請