【ロッテ】ドラ2中森俊介、相棒はくまのぬいぐるみ…幼稚園の時から一緒に寝ていた

持参したくまのぬいぐるみを手にするロッテ・ドラフト2位の中森俊介(代表撮影)
持参したくまのぬいぐるみを手にするロッテ・ドラフト2位の中森俊介(代表撮影)

 ロッテのドラフト2位・中森俊介投手(18)=明石商=が7日、さいたま市内の選手寮に入寮し、思い入れのある、くまのぬいぐるみを持参した。「幼稚園の時からずっと一緒に寝ていたので、自分一人だと心細かったので連れてきてしまいました」と精かんな顔つきからは想像できない意外な一面を見せた。

 このぬいぐるみは小さい頃に両親が購入した時計などの付属品として付いてきたもので、かわいさにひかれて以来“相棒”に。「一緒に戦ってきた仲間。名前も性別もないけど愛着が湧いてるので家族同様」と連れてくることを決断した。

 目標はルーキーイヤーからの15勝。「まず1勝、その積み重ねが10勝、15勝になる。シーズンを戦い抜く体力をつけて頑張りたい」と今度は引き締まった表情で快挙達成を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請