【東都大学】駒大が始動 箱根駅伝での逆転総合Vに新田主将「負けていられない」

新主将の新田旬希
新主将の新田旬希

 東都大学野球リーグの駒大が7日に始動。自主練習を約2時間行い、電話での代表取材に応じた。大倉孝一監督(58)は「コロナと付き合いながらスタートした。(今後も)規制、制限したうえでの練習になると思う」と感染拡大が収まらないなかでの見通しを述べた。

 2、3日に行われた箱根駅伝で駒大は総合優勝。復路の10区で歴史に残る大逆転劇を演じた。新主将の新田旬希内野手(3年=呉)は「野球で言えば、9回裏2死から逆転満塁ホームランを打ったようなものだと思う。すごいなと。負けていられないと思った」。昨秋のリーグ戦は3校並んでの4位に終わっており、駅伝に続く飛躍を心に誓っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請