東京五輪金メダルへ 新体操「フェアリージャパンPOLA」が抱負 杉本主将「ぶれずに最後までやり切る」

フェアリージャパンPOLA団体メンバー(日本体操協会提供)
フェアリージャパンPOLA団体メンバー(日本体操協会提供)

 日本体操協会は7日、新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」の練習動画などを公開した。

 選手は4日から東京都北区の国立スポーツ科学センターにて始動。東京五輪で金メダル獲得を目指す団体は五輪イヤーの目標に「心身共に軸強く!!!」と掲げ、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「一人一人が心も体も軸を感じて、ぶれずに最後までやり切ります」と力強く語った。

 ボールでは五輪5連覇中のロシアを倒すために作られた“超高難度プログラム”に磨きをかけ、さらなる進化を遂げている。

 個人の16年リオ五輪代表で、2大会連続の五輪出場を狙う皆川夏穂(イオン)は21年の目標を「変化を恐れず常に挑戦し自分に克つ!」とし、「自分ができることを最大限、100%やり切って、常に高みを目指して頑張っていきたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請