八村塁、復帰から4試合連続先発出場…76ers戦で8得点もチームは敗れ3連勝ならず

八村(ロイター)
八村(ロイター)

 NBAのウィザーズに所属する八村塁(22)が6日(日本時間7日)、76ers戦に先発出場。約24分出場で、8得点2リバウンドだった。チームは136―141で敗れ、連勝は2で止まった。

 八村は第1クオーター(Q)にフリースローで2得点、第2Qにはフリースロー1本とダンクシュートを決め、前半は5得点だった。77―98で迎えた第3Q残り7分07秒には、今季加入した元MVPのガード、ウエストブルックからパスを受け、3点シュートを沈めた。

 チームは前半15点ビハインドで折り返すも、後半に追い上げ、最終第4Q残り8分18秒には一時、逆転。その後は1点差の攻防が続いたが、終盤に突き放され、強豪相手に勝利とはならなかった。チームの主力、ブラッドリー・ビールはこの試合、キャリアハイの60得点を挙げた。

 次戦は8日(同9日)で、セルティックスと戦う。

 八村は今季、流行性角結膜炎で開幕から4試合を欠場。昨年12月31日(同1日)のブルズ戦で今季初戦を迎え、この日の76ers戦が4試合目だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請