最長寸67センチどでかいヒラメ…三重・鳥羽市石鏡

この日最長寸67センチのヒラメを釣り上げた吉田咲月さん
この日最長寸67センチのヒラメを釣り上げた吉田咲月さん

 三重県石鏡沖では活きイワシを餌にしてメジロ・ブリ、ヒラメなどを狙う釣りが人気だ。何しろ相手は剛力無双のブリや寒ビラメなど、今が旬の高級魚だから釣れたらうれしいし、楽しい。

 3日の初釣りは、三重・石鏡港出船の報知フィッシングクラブ「幸徳丸」(船長携帯090・7303・5080)で“初夢”を釣りに出かけた。

 午前8時半、私の釣り座は抽選で右舷ミヨシになった。

 晴天、北西風が強く、風波はあるが釣りはできる。すぐ沖合いのポイントで釣りを始めたが、潮が流れないようでアタリは少なく、場所を移動。

 次は島の間の陸に近い場所だったが、ものすごい風。海面がささくれ立つような小波が立っていた。しかし、ベイトが多いのか、カモメがたくさん舞っていた。仕掛けを入れるとすぐ、穂先がフワフワと持ち上げられ、次の瞬間、ギュンと海面に突き刺さった。いきなりの強烈な引きで驚いたが、電動リールの巻き上げができないレベルだ。左舷やトモでも竿が曲がっていた。

 数人の仕掛けを絡めて上がってきたのは70センチオーバーのメジロ。船長が絡んだ仕掛けを処理してくれたが、船中で何か所もこれが起こるから大忙しだ。

 一時のメジロラッシュが終わると、今度はヒラメタイム。左舷では船中紅一点の吉田咲月さん(岡崎市)が67センチの大型ヒラメを釣り上げていた。私にもヒラメのアタリが…。穂先がクンと反応してからグッと引き込まれ、軽く合わせるとドン。グイーッと重々しい引きで57センチの肉厚ヒラメが掛かってきた。

 その後もメジロやヒラメのアタリが続き、この日は船中でヒラメ18尾、メジロ・ブリが20尾、スズキ15尾と好釣果が出ていた。

 私の釣果はヒラメ3尾(52~57センチ)、メジロ3尾(65~75センチ)、スズキ3尾(58~59センチ)、ガシラ30センチ級などでクーラーは氷が入らないレベルだった。

 幸徳丸では当分この釣りをメインに出漁する予定。乗り合い料金は一日便1万5000円(餌、氷付き)で、現在は午前7時半集合。HPあり。

(報知APG・大西 満)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請