日本病院会・相澤会長「モーニングショー」生出演で憤慨…緊急事態宣言は「政府にも政治家たちにも相当な覚悟が必要…でも全く見えてこない!」

スポーツ報知
テレビ朝日

 日本病院会の相澤孝夫会長が7日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にリモート出演した。

 番組では、政府が今日にも新型コロナウイルス感染拡大に伴う2度目の緊急事態宣言を発出することを報じた。スタジオで、緊急事態宣言の主な原案を紹介。区域は、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で期間が来月7日までで午後8時以降の外出自粛の徹底を呼びかける。イベントは、上限人数は5000人以下で収容率は50パーセント以下、飲食店の営業は午後8時までで応じない場合は、店名を公表、職場については出勤者の数を7割削減を目指しテレワークを協力に推進することなどを報じた。

 相澤会長は、期間が1か月となることに「明らかに期間は短いですね。2か月は最低必要」などと指摘した。その上で「僕は、言いたいことがひとつだけあるんです」と切り出し「こういうことやるのは、相当な覚悟が必要なんです。政府にも政治家たちにも。でもそういう覚悟を持っているかというと、全く我々には見えてこない!」と憤慨した。

 さらに「覚悟って言うのは本当に大変なことですよ。それが見えない。だから国民はやらない。ここが一番問題だと思います。大切なところです」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請