東京女子・辰巳リカ、坂崎ユカを破り涙のプリプリ王座初奪取「死ぬまで防衛していこうと思います」…1・4後楽園

坂崎をドラゴンスリーパーで絞める辰巳リカ
坂崎をドラゴンスリーパーで絞める辰巳リカ

東京女子プロレス「東京女子プロレス’21」(4日、東京・後楽園ホール)

 東京女子プロレスは4日、後楽園ホールで2021年の初戦となる「東京女子プロレス’21」を開催。メインイベントの「プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合」で挑戦者の辰巳リカが王者・坂崎ユカを破り、プリンセス・オブ・プリンセス王座を初奪取した。

 音楽ユニットDPGのメンバーとして活動していた辰巳は、2013年夏、坂崎に誘われて同団体に入団。しかし、辰巳は度重なるケガもあり、坂崎の後塵を拝してきた。その坂崎は2019年11月、同王座を奪取(2度目)すると、1年以上ベルトを死守してきた。同王座に過去3度挑戦するも、悲願はならなかった辰巳は“4度目の正直”を掲げて今回の対戦に臨んだ。

 白熱の攻防は、クライマックスで辰巳がグラウンドでのドラゴンスクリュー連発、ヒップアタックから再び足4の字固めを決めた。悶絶しながら耐えた坂崎だが、これ以上は危険と判断したレフェリーが試合を止めて、辰巳が勝利を飾った。

 試合後、坂崎と握手を交わした辰巳は「ずっと何度挑戦しても届かなくて。やっとこのベルトに届きました。ユカちゃんは強くてすごすぎて最高の同期です。私の気持ちも全部受け止めて戦ってくれてありがとうございました。まだ世界はいろんなことがあって制限ばかりだけど、私もそうだったように、東京女子プロレスが皆さんにとって希望になっていたらうれしいです。やっと手に入れたこのベルトと一緒に東京女子という希望を守っていきたいと思います。これから防衛ロードが続いていくと思いますが、死ぬまで防衛していこうと思います」と涙ながらにマイクで思いを打ち明けた。

 ここで「白昼夢」として、辰巳のタッグパートナーを務める渡辺未詩がリングに上がり「リカさん、チャンピオンおめでとうございます。すごく感動したし、去年までリカさんと一緒にタッグのベルトで戦ってきて、たくさん成長できたので、今年はリカさんを超えたいです。そのベルトに挑戦させてください」と挑戦を表明。これに辰巳は「未詩の気持ちはすごくよく分かる。ずっとタッグでやってきて、タッグチャンピオンとしてやってきたから、このベルトを欲しい気持ちはよく分かる。一番にこうやって声を掛けてくれてうれしいです。2月11日、ここ(後楽園)であるから、そこで初防衛戦、戦いましょう」と返答し、2・11後楽園でのタイトル戦が決定した。

 バックステージで辰巳は今後について「チャンピオンになって、たくさんやりたいビジョンを考えてきて、たくさん夢を叶えていきたいんですけど。まずは防衛。タッグパートナーの未詩が挑戦しに来てくれて、早速、防衛戦も決まったことだし。死ぬまで防衛。でも私、死なないので。100年以上生きるので。万が一引退したとしても、ベルトを持ったまま勝ち逃げして永遠に防衛。100年規模、1世紀規模で防衛しようって思っています」と笑った。

 一方、敗れた坂崎は「最後はもう根性負けした感じですかね。どうしても耐えられなかったんで負けですね。私も(ベルトへの)思いっていうのは結構あったんですけど、それを超えてくるくらいリカが根性見せてきたんで。リカにこのまま突っ走ってもらえたらなと思います。今日は負けですけど、次は負けないからっていう感じです」と前を向いていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請