【楽天】ドラ1早川隆久、アマNO1投手プロでも“キング”「国を背負えるような投手になる」

泉犬鷲寮に入寮し「ライオン・キング」のタオルを持参した楽天・早川(球団提供)
泉犬鷲寮に入寮し「ライオン・キング」のタオルを持参した楽天・早川(球団提供)

 アマNO1投手が、プロでも「キング」になる。楽天のドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=が6日、仙台市内の泉犬鷲寮に入寮し、アニメ「ライオン・キング」のタオルを持参。未来の王として生まれ、やがて動物の国の王となった主人公・シンバの生き方と自身を重ね合わせ「ライオン・キングを見て偉大さを感じた。ここで自分もシンバのような存在になれれば」と壮大な夢を描いた。

 タオルは昨年9月に家族からプレゼントされ「最後は笑うよ!」と両親と2人の姉から直筆メッセージも添えられた。「HAKUNA MATATA」ともプリントされており「(スワヒリ語で)どうにかなるさということも意味している。その気持ちでマウンドに立てていた」。昨年の東京六大学秋季リーグ戦では毎試合ベンチに置き、早大の優勝に貢献した思い出の品でもある。

 幼少期から同作品を好み、劇団四季のミュージカルを鑑賞した経験もある。「高校生から寮生活で、一人旅じゃないけど、いろいろな方に支えられてきた。恩返しできるように結果を残すことでも自分とシンバが重なっていると思う。自分も今後楽天のエースや国を背負えるような投手になれれば」と表情を引き締めた。

 新たな一歩を踏み出した最速155キロ左腕。10日からは新人合同自主トレも始まる。「自分のペースを崩さずに、できることを全うしていきたい」。楽天の未来は「心配ないさ~♪」と言わしめるエースになってみせる。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請