【山田邦子 釣りウキウキ】新年は大型アジで幕開け…アジなことやるアジな1年になりそう

スポーツ報知
初釣りで大きなアジを釣り上げた邦ちゃん

 あけましておめでとうございます。新年1発目は“おめでタイ!”といきたかったけどアジだった! 東伊豆伊東沖。暮れから形のいいマダイが釣れていると連絡が来て、熱海からいそいそと伊東沖へ。箱根駅伝の交通規制を避けるため新幹線移動に。車内はガラガラ。寒かったけど三が日は最高の日本晴れで富士山まで見えた。手を合わせ、いいことありそう。

 マスクで暖かいけど、鼻水半端ない。おとそのおつまみになりそうな海老を付けていざ。海の上はコロナはいない。夏は蚊もいないし、花粉症もない。平和そのもの。私はこの時間が大好き。今年は何回来れるかな? 旬の大物GET出来るかなあ…とその時、もの凄い引きでグイグイ来た。タイか!? バラしたくない。全集中! クルクル巻き上げて見えて来たギラギラ光るその姿は…、なんだアジかぁ、とは思ったがとてもデカい! これは交じりものなんかじゃなく、素晴らしい魚をGET。釣り人も少なくいい魚が待ってる感じ。そもそも伊東沖で釣れるアジはおいしいし、アジなことやるアジな年になりそう。

 芸能界にも釣りファンは結構いて、左肩を怪我した純烈のボーカル、白川裕二郎くんとは完治し次第、コロナが落ち着き自由に動き回れるようになったら、今年こそ一緒に釣りに出かけタイ。タイなら最高。響きがいいのでキスでもいい、なんちゃって(笑)。

 東京に速攻戻って料理。密を避け東京を朝出て船乗って釣って、東京戻って晩御飯に間に合う。でも負け惜しみじゃないが、釣ったアジは刺し身にたたき、塩焼きととてもおいしかった。今年もよろしくお願いいたします。(山田 邦子)

ライフ

×