八村塁、次戦は開幕で敗れた76ers戦「ライバル感みたいなのがある。絶対に勝ちたい」 ウィザーズは連勝中

八村塁(ロイター)
八村塁(ロイター)

 NBAのウィザーズに所属する八村塁(22)が4日(日本時間5日)、オンラインで取材に応じ、流行性角結膜炎からの復帰後、出場した3試合を振り返り「コンディションは問題ない。ここまで3試合中最初の2試合は20分くらいの出場だったけど、昨日(ネッツ戦)は30分台。本来の出場時間をプレーするのが楽しみ。チームの勝利に貢献できればと思っている」と話した。

 八村は今季、流行性角結膜炎で開幕から4試合を欠場。昨年12月31日(同21年1月1日)のブルズ戦で今季初戦を迎えた。チームは敗れるも、3点シュート2本を決めるなど17得点5リバウンドをマーク。復帰2戦目のティンバーウルブズ戦では、11得点4リバウンドを挙げ、チームの今季初勝利に貢献した。復帰3戦目は強豪・ネッツに1点差で勝利し、自身も15得点を挙げた。特にネッツへの勝利は自信となり「責任感を感じながら臨んでいて、昨日(ネッツ戦)の勝利は大きかった」と振り返る。

 次戦は6日(日本時間7日)、開幕戦で敗れた76ersとの一戦。八村にとっては今季初対決で「毎年何回もいい試合をして1、2勝して、ライバル感みたいなのがある。次の試合は絶対に勝ちたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請