箱根駅伝4位の青学大・原晋監督がバディ社外取締役に就任

スポーツ報知
青学大・原晋監督

 第97回箱根駅伝(2、3日)で4位だった青学大の原晋監督(53)が、幼稚園やスポーツクラブを運営する「株式会社バディ企画研究所」の社外取締役に就任したことが4日、発表された。

 「幼児期のスポーツ界をリードするバディスポーツ幼児園およびバディスポーツクラブを有するバディ企画研究所と大学陸上界に切り込み、刺激を与え続けている青学大の原監督が手を組むことにより、幼児期から成年期まで一貫したほんもの育成プログラムが整った環境づくりを目指し、多くのほんもの体験から、身体だけでなく心も強くすることで世界で戦えるアスリートを発掘・育成することを目的としたプロジェクトが始動します」などとバディは説明した。

 前年覇者の青学大は箱根駅伝直前の12月28日に3区を予定していた主将の神林勇太(4年)が右仙骨の疲労骨折が判明して欠場するアクシデントに見舞われ、往路は12位で大きく出遅れた。しかし、復路で意地の優勝を果たし、総合4位まで巻き返した。

 来季、覇権奪回の切り札は、やはり、岸本大紀(2年)。前回2区で1年生最高記録となる1時間7分3秒と好走し、優勝に貢献したが、今回は股関節痛から復帰途上のため、登録メンバーから外れた。「岸本2区」が優勝の重要ピースとなる。7区3位の近藤幸太郎、10区4位の中倉啓敦ら「岸本世代」は選手層が厚い。今回は9区で2位と好走した飯田貴之(3年)が前回2位と好走した5区に戻ることが予想される。6区3位と好走した高橋勇輝(3年)もおり、山区間に不安はない。また、昨年12月の全国高校駅伝1区(10キロ)で区間賞を獲得した熊本・九州学院の鶴川正也ら即戦力ルーキーも加入する。今回、大逆転で13年ぶり7度目の優勝を果たした駒大をチーム一丸で追いかける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請