青学大・原晋監督、欠場した神林主将の給水役に目を赤くし「走り終わった後に痛くて痛くて足を引きずるような状態」

青学大・神林勇太主将
青学大・神林勇太主将

 青学大の原晋・陸上部監督(53)が4日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)に生出演し、復路優勝で総合4位となった箱根駅伝について言及した。

 連覇を狙った青学大は大黒柱の神林勇太主将(4年)が、直前に右仙骨(骨盤上方部)疲労骨折が判明して欠場するなどのアクシデントもあり、往路はまさかの12位と大きく出遅れた。それでも王者の意地で復路優勝を果たし、総合4位と底力を示した。

 原監督の「距離も一番長いし、テレビにも映るだろう」という計らいで、神林主将は9区の給水係を務めた。改めてVTRを見た指揮官は「視聴者の皆さんは30メートルを走れるじゃないと思うかもしれませんけど、走り終わった後に痛くて痛くて足を引きずるような状態」と目を赤くしながら話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請