【箱根駅伝】専修大、9区で無念の繰り上げで最下位に終わる アンカー・服部友太「タスキをつなぐのも目標だった」

繰り上げスタートとなった専大10区の服部(左)と山梨学院大10区・渡辺
繰り上げスタートとなった専大10区の服部(左)と山梨学院大10区・渡辺

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

 予選会10位で滑り込んだ専大の7年ぶりの箱根路は、最下位に終わった。2区以降は20位から順位を上げられず、10区にタスキをつなぐ鶴見中継所では、無念の繰り上げスタート。チーム目標の「15位」は遠く、アンカー・服部友太(3年)は「実力不足。タスキをつなぐのも目標だった。出るだけでは意味がないと感じた」と悔しさをにじませ、来年のリベンジを誓った。

総合成績

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請