【箱根駅伝】城西大、16位も1年生の経験が収穫 櫛部静二監督「手応えや、修正して取り組む内容は見えてきた」

16位の城西大10区・雲井崚太(カメラ・佐々木 清勝)
16位の城西大10区・雲井崚太(カメラ・佐々木 清勝)

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

 復路は全5区間で2ケタ順位と力を出し切れず、城西大は総合16位。往路(13位)を終え、早大(11位)や青学大(12位)など強豪校がシード圏外にいたのも誤算で、櫛部静二監督(49)は「速い流れに乗れればと思ったが、一つでも外すと遅れてしまう」と振り返った。

 今大会は10区間中3区間を1年生に託し、来年へ経験を積めたのは収穫。指揮官は「手応えや、修正して取り組む内容は見えてきた」と明るい材料も強調していた。

総合成績

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請