【箱根駅伝】神奈川大、往路8位も復路後退13位 大後栄治監督「選手たちは厳しいキャリアがまだ足りない」

総合13位でゴールした神奈川大10区・佐々木亮輔
総合13位でゴールした神奈川大10区・佐々木亮輔

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 往路を8位で終えた神奈川大は、復路で大きく後退した。アンカー・佐々木が区間2位と奮闘も総合13位。2017年大会(総合5位)以来となるシード権確保とはならなかった。

 大後栄治監督(56)は「1ケタ順位を意識したレースが中盤くらいまでできた。最後、8、9区あたりでもう少し粘れていればよかったのかな。選手たちは厳しいキャリアがまだ足りない」と肩を落とした。

総合成績

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請