【箱根駅伝】「4強」の一角・明大が26秒差でシード権を逃す 山本監督「歯車がかみ合わなかった」

スポーツ報知
総合11位でゴールした明大10区・長倉奨美(代表撮影)

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 往路14位の明大は、総合11位でシード権を逃した。38秒差でタスキを受けた10区の長倉奨美(4年)は10位・東京国際大の背中を追ったが、26秒差で届かず。「結構飛ばしてる感覚だったのになかなか差が縮まらなくて、気持ちの焦りが少しあったかもしれない。東京国際大を抜くのが自分の仕事だったとけどそれができなくて、後輩にもチームにも申し訳ない」と肩を落とした。

 全日本大学駅伝で3位に入り、「4強」と前評判は高かった。72年ぶりの優勝も視野に3位以内を目標に掲げたが、往路はまさかの14位。復路はシード圏に優勝候補の一角にも挙がった。だが、往路で14位と出遅れ、目標をシード圏に軌道修正。8区で大保海士(だいほ・かいし、4年)が区間賞を獲得するなど復路は7位と巻き返したが、わずかに届かなかった。山本佑樹監督(43)は「復路のメンバーは必死に追いかけようと頑張ってくれていた。あと一歩のところは、往路からなかなか歯車がかみ合わなかった結果。手応えもあり、3番以内を狙っていたので、非常に残念だなという感じです」と振り返った。

 来年は2年ぶりに予選会からのスタートとなる。1万メートルでチームトップの手嶋杏丞(きょうすけ、3年)や5区で9位の鈴木聖人(きよと、3年)らが残る。山本監督は「力を持ってる選手は多い。あまり悲観的にならず、そこをどう引き出すかに集中したい」と気持ちを切り替えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請