【箱根駅伝】帝京大の細谷翔馬が山上り最速! チームも往路4位発進「山に弱いところを覆したいと思っていた」

5区 芦ノ湖の鳥居を通過する5区の帝京大・細谷
5区 芦ノ湖の鳥居を通過する5区の帝京大・細谷

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)往路(2日、読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

 5区で、帝京大の細谷翔馬(3年)が1時間11分52秒で区間賞を獲得した。小田原中継所で8位通過だったタスキを4位まで押し上げた。「(帝京大が)山に弱いところを覆したいと思っていた。3位を目標に、一人一人抜くことを意識していた」とうなずいた。

 往路首位の創価大とは2分31秒差。総合優勝も十分狙える位置で、3日復路の号砲を待つ。中野孝行監督は「トップと2分30秒差と考えると未来は明るい。それ(総合V)に向けてチャレンジしたい」と見据えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請