【箱根駅伝】12位出遅れの青学大 大黒柱の神林勇太主将が疲労骨折していた

スポーツ報知
往路12位でゴールする青学大5区・竹石尚人(左は城西大5区・山本唯翔)

◇第97回東京箱根間往復大学駅伝競走往路 (2日、東京・千代田区大手町読売新聞社前スタート~神奈川・箱根町芦ノ湖ゴール=5区間107・5キロ)

 わずか4回目の出場の創価大が5時間28分8秒(タイムは速報値)で往路優勝を飾った。前回覇者の青学大は7分36秒差の12位で連覇が絶望的となった。原晋監督(53)は「(昨年)12月28日に主将の神林勇太(4年)の右足疲労骨折が判明し、予定していた3区に起用できなくなった。今季は神林がチームの中心として頑張ってくれた。神林を抜きで立て直す力がなかった」と“大敗”の原因を明かした。復路については「優勝と言うのはウソになってします。シード権(10位以内)はキープしたい」と気持ちを切り替えるように話した。

 5区で失速した実質5年生の竹石尚人(4年)は「結果がすべてです。思うように走れなかった。復路は後輩たちを応援して、信じて、ゴールで待ちたい」と声を詰まらせながら話した。15年の初優勝以来、前回まで、優勝5回、2位1回と抜群の強さを誇ってきた青学大の真価が問われる復路となる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請