東京ディズニーシーが今年20周年…東京ディズニーリゾートで新年グリーティング始まる

スポーツ報知
東京ディズニーシーの「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」(Disney)

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)が新年を迎えた。2021年は、東京ディズニーシー(TDS)がオープンして20周年となる。2001年9月4日にオープンしたTDSが記念日の9月4日に向けて動き出した。

 TDSでは「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」として、和服姿のミッキーマウスらディズニーの仲間たちがお正月らしい音楽にのせてメディテレーニアンハーバーに船に乗って登場。ゲストと一緒に新年のお祝い。

 東京ディズニーランド(TDL)では「ミッキー&フレンズのグリーティングパレード」として、ミッキーらが和服を着てパレードルートのゲストに手を振りながら、元気に新年のごあいさつ。

 このお正月仕様のグリーティングは、1月31日まで開催。このほか、両パークのエントランスには、和服姿のミッキーマウスとミニーマウスがデザインされた門松が設置され、TDSの門松には、今年の干支である牛をモチーフにしたキャラクター「クララベル・カウ」もデザインされている。門松は、15日まで設置される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請