【山中慎介ジャッジ】井岡一翔、距離の取り方パンチの合わせ方が絶妙

5回、右ストレートを放つ井岡一翔(左)(カメラ・竜田 卓)
5回、右ストレートを放つ井岡一翔(左)(カメラ・竜田 卓)

◆プロボクシング▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇王者・井岡一翔(8回1分35秒TKO)同級1位・田中恒成●(31日、大田区総合体育館)

 世界4階級制覇でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)=Ambition=が、元世界3階級王者で同級1位の田中恒成(25)=畑中=を8回1分35秒TKOで下し、2度目の防衛に成功した。日本初の複数階級制覇同士の世界戦は、井岡が5回、6回に左でダウンを奪い、8回に左を決めた後にレフェリーが試合を止めた。戦績は井岡が26勝(15KO)2敗とし、自身の日本選手世界戦最多勝利数を17に伸ばした。4階級制覇に失敗した田中は初黒星を喫し、15勝(9KO)1敗となった。(観衆 2057)

 * * *

 井岡の対応力が際立った。井岡はうまさもさることながら戦い方を良く知っている。左ジャブを軸にスピードある攻撃を仕掛けた田中だったが、ラウンドを重ねるごとに井岡が攻防で上回った。意識の高いガードと、反応の良いポジショニングで相手のパンチをずらす防御をして、パンチは特に速いわけではないが、出すタイミングが独特で、距離の取り方や合わせ方が絶妙にうまかった。

 右ショートを織り交ぜて田中の出足を崩すなどコンビネーションも多彩だった。3度痛烈なダメージを与えた左フックは反応が素晴らしかった。田中が良さを出せたのは序盤までで、持ち味のスピードで踏み込み、一気に間合いを詰める動きを見切られると、以降は全て井岡のペースだった。

 総合力で厚みが増し、王者としての安定感も備わってきた。WBA王者ゴンサレスとWBC王者エストラーダの統一戦の勝者との対戦が実現できれば面白い試合になるだろう。(元WBC世界バンタム級王者)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請