青学大・原監督、箱根駅伝区間登録の狙い明かす「1区・吉田は区間賞、5区・竹石は山の神襲名を期待」

青学大・原晋監督
青学大・原晋監督

 来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの区間登録を発表した。

 箱根駅伝の選手登録は例年12月10日に16人を選手登録。同29日に1~10区と補欠6人を登録。往路、復路ともにスタート(午前8時)の1時間10分前に当日変更が可能。ただ、変更は区間登録選手と補欠登録選手の交代だけで区間登録選手同士の変更はできない。前回まで交代は往路、復路合わせて4人以内だったが、今回から6人以内に拡大(ただ、各日4人以内)。主力選手を補欠に登録し、勝負区間に投入するなどの戦術的な変更も可能なため、各校の駆け引きや当日変更のドラマも箱根駅伝の見所のひとつとなっている。

 2年連続6度目の優勝を狙う青学大の原晋監督(53)は、主将の神林勇太(4年)を補欠登録で“隠す”一方で1区に吉田圭太(4年)、2区に中村唯翔(2年)、5区に実質5年生の竹石尚人(4年)を登録した。区間登録終了後、原監督はスポーツ報知の電話取材に応じ、戦略と狙いの一端を明かした。

 1区は2年連続でエースの吉田。前回は区間7位だった。「前回よりずっと調子がいい。区間賞も狙える。スタートで流れに乗りたい」と原監督はもくろむ。

 前回2区で快走した岸本大紀(2年)が股関節痛から復帰途上のため、登録メンバーから外れた。その2区には同学年の中村唯翔(2年)を抜てき。「岸本と同じくらいの力がある。自信を持って走ってほしい」と期待する。

 5区は3度目の竹石。2年時には終盤に足をけいれんするアクシデントに見舞われながらも区間5位と踏ん張り、青学大の4連覇に貢献した。しかし、3年時は区間13位と苦戦し、5連覇を逃す一因となった。4年時の前回大会は左ふくらはぎ故障のため、登録メンバー入りを辞退し、留年して再挑戦することを決めた。来春の卒業後は静岡朝日テレビに入社することが内定しており、今回が正真正銘、箱根ラストラン。「心身ともに充実している。1時間10分を切って、往路優勝のゴールテープを切ってほしい。4代目・山の神になってもらいたい」と大きな期待を寄せた。

 6区は成長株の高橋勇輝(3年)。「前回区間3位だった谷野航平より走力がある。下りもうまいので、復路でいい流れを作ってほしい」と話した。

 8区は前回、区間賞と1秒差の2位と好走した岩見秀哉(4年)を2年連続で登録した。「ここが勝負区間になる」と復路のエースに指名した。

 神林のほか、飯田貴之(3年)、佐藤一世(1年)が補欠に温存され、現時点で「偵察メンバー」として区間登録されている選手と当日変更される見込みだ。「できれば偵察メンバーは使いたくない。当日変更で外れると、故郷の両親、友人、恩師ががっかりするから。でも、2区の選手が直前で故障した場合、11番目の選手を走らせるわけにはいかないので、補欠に主力を残しておかなければならない」と苦渋の様子で話した。

 今大会に向けて、原監督は「絆大作戦」を発令。出走する10人だけではなく「偵察メンバー」を含む登録選手、さらには登録メンバーから外れた選手、選手を支えるスタッフ。チーム全員が一丸となって「絆大作戦」の大成功を目指す。

 関東学連は新型コロナウイルス感染防止対策として駅伝ファンに「観戦・応援目的での外出はお控えください」というメッセージを発信。シード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが未曽有の大会に臨む。

 青学大の区間登録は以下の通り。

 1区 吉田圭太(4年)

 2区 中村唯翔(2年)

 3区 大沢佑介(2年)

 4区 脇田幸太朗(2年)

 5区 竹石尚人(4年)

 6区 高橋勇輝(3年)

 7区 近藤幸太郎(2年)

 8区 岩見秀哉(4年)

 9区 横田俊吾(2年)

10区 中倉啓敦(2年)

 補欠 神林勇太(4年)

 補欠 新号健志(4年)

 補欠 松葉慶太(4年)

 補欠 飯田貴之(3年)

 補欠 湯原慶吾(3年)

 補欠 佐藤一世(1年)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請