帝京大1~3区は前回と同じ小野寺、星、遠藤で流れをつかむ…箱根駅伝区間登録発表

帝京大・星岳
帝京大・星岳

 来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの区間登録を発表した。

 箱根駅伝の選手登録は例年12月10日に16人を選手登録。同29日に1~10区と補欠6人を登録する。往路、復路ともにスタート(午前8時)の1時間10分前に当日変更が可能。ただ、変更は区間登録選手と補欠登録選手の交代だけで区間登録選手同士の変更はできない。前回まで交代は往路、復路合わせて4人以内だったが、今回から6人以内に拡大(ただ、各日4人以内)。主力選手を補欠に登録し、勝負区間に投入するなどの戦術的な変更も可能なため、各校の駆け引きや当日変更のドラマも箱根駅伝の見所のひとつ。今回、交代枠が拡大されたこともあり、早大の中谷雄飛(3年)、東洋大の西山和弥(4年)、中大の吉居大和(1年)ら各校の主力選手の多くが補欠に登録された。当日の区間配置が注目される。

 前回4位の帝京大は1~3区に前回と同じ選手を登録した。前回1区8位の小野寺悠(4年)、同2区9位の星岳(4年)、同3区2位の遠藤大地(3年)と強力トリオを投入。前回は3区終了時で4位と好位置につけた。今回はさらに上位を狙い、レースの流れをつかみたいところだ。序盤で波に乗り、チーム史上初の3位以内を狙う。

 帝京大の区間登録は以下の通り。

 1区 小野寺悠(4年)

 2区 星岳(4年)

 3区 遠藤大地(3年)

 4区 新井大貴(2年)

 5区 細谷翔馬(3年)

 6区 三原魁人(3年)

 7区 寺島渓一(3年)

 8区 鳥飼悠生(4年)

 9区 橋本尚斗(3年)

10区 増田 空(4年)

 補欠 山根昂希(4年)

 補欠 中村風馬(3年)

 補欠 森田瑛介(3年)

 補欠 北野開平(2年)

 補欠 山田一輝(2年)

 補欠 小野隆一朗(1年)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請